未分類

肌質に合うスキンケア

2016.10.21
/ / /
Comments Closed

肌質は大きく分けると、脂性肌・混合肌・乾燥肌の3つに分ける事が出来ます。さらに、色んなものが刺激となり肌荒れを起こしてしまう敏感肌や皺やたるみなど真皮の老化を伴が気になる年齢肌も加える事が出来るでしょう。
肌質によって必要となる成分もスキンケア方法も異なるので、まずはしっかりと自分の肌質を見極める必要が出てきます。最も分かりやすいのは、機械を使って化粧品のカウンターで肌を診断して貰うのがベストです。

脂性肌なら、しっかりとクレンジングや洗顔で肌の上の余分なものを落とし、油分よりもセラミドやヒアルロン酸、アミノ酸などの保湿成分を補う様にしましょう。混合肌は、場合によっては部分的にスキンケア化粧品を変えるといった工夫も必要になります。乾燥肌なら、水分と共に油分も補うこと、クレンジングや洗顔で潤いを奪いすぎない事が大切です。

特に敏感肌はスキンケアに関して最も注意を払わなければいけません。アトピーなどの体質的に肌が弱い人もいれば、間違ったスキンケアで自ら敏感肌に導いてしまっている人もいます。敏感肌用の低刺激な化粧品を使って、あまり肌に負担や刺激を与えないようなスキンケアが必要になってきます。アトピーや敏感肌には保湿が重要です。肌への刺激が少なく、しっかりと保湿ができる基礎化粧品を使うようにしましょう。

また肌質は一生同じという訳ではなく、季節や年齢によっても肌質は変化する可能性があるので臨機応変にスキンケアも対応していきましょう。肌質を無視したお手入れをすると、後悔することになります。

年齢に合うスキンケア

2016.10.04
/ / /
Comments Closed

年齢を重ねると肌にも様々な変化が起こります。残念ながら、年齢と共にコラーゲンやヒアルロン酸など肌を構成する大切な成分の量が減少する事で保湿力が低下したり、弾力が失われ肌が徐々に変化していくのです。それにも関わらず、年齢に伴わないお手入れを続けているとそのままどんどん老化が進んでいってしまいます。
昔は脂症だったという人も、いつの間にか皮脂の量も減り乾燥肌になっている事も珍しくありません。そこで年齢と一緒に不足してしまった成分をスキンケアで補ってあげる必要があるのです。

特に35歳を過ぎたなら、真皮に働きかけるスキンケアを積極的に行うべきですね。真皮のコラーゲンやエラスチンを増やす化粧品を使用したり、美顔器で肌を奥深くから活性化するケアも効果的です。年齢に合わせて不足しがちなものを上手に補っていく事で、肌を美しく保つことが出来るでしょう。

また年齢に合わせて洗顔も見直していくべきです。皮脂分泌の多い若者は、過剰な皮脂がニキビや毛穴の詰まりといったトラブルを産む事があるので、しっかりと洗顔で皮脂や汚れを取り除くべきなのです。
しかし、年齢を重ねるごとに皮脂も肌の保湿成分も失われるため、洗顔も洗浄力の強すぎない製品が適してくる様になります。このように年齢からくる肌の変化を敏感に感じ取り、それに合わせてスキンケアを変えていく事が年齢にも負けない肌を作っていくのです。

色々なスキンケア

2016.09.21
/ / /
Comments Closed

肌を美しくそして健やかに保つためには、毎日のスキンケアが欠かせません。しかし、ただ闇雲にお手入れしていても自分の望む結果を手に入れることは出来ないものです。販売されているスキンケア化粧品には、色んな種類のものがあります。それぞれ効果や形状、使い方が異なるなど特徴があるものです。

また、今では化粧品以外にも美顔器を使用したお手入れを取り入れている人も多いでしょう。それだけ多くのスキンケア方法がありますが、一人一人にあったアイテムやケアの仕方は違ってくるものです。大切なのは、口コミや他人に評判の良いスキンケアではなく自分にとって合うか合わないかという事になります。もし、自分に合わないスキンケアを続けていると、肌荒れを起こしたり老化を招くなどの肌へデメリットが現れてきてしまうでしょう。

自分にあったスキンケアとは、肌質に合ったアイテムと方法でケアをするという事が第一です。ただし、肌質は年齢によっても変化をするもので、以前はあっていたスキンケアが合わなくなってしまうというケースは非常に多い物なんですね。ですから、年齢も考慮しながら定期的にスキンケアを見直してみる事も大切になってくると覚えておいて下さい。

肌質に合ったスキンケアにはどんなものがあるのか、そして年齢に合ったスキンケアについて触れていきたいと思います。色々あるスキンケア化粧品や方法の中から、自分に合ったスキンケアを見つけていきましょう。それが美肌への何よりの近道となります。