肌質に合うスキンケア

肌質に合うスキンケア

2016.10.21
/ / /
Comments Closed

肌質は大きく分けると、脂性肌・混合肌・乾燥肌の3つに分ける事が出来ます。さらに、色んなものが刺激となり肌荒れを起こしてしまう敏感肌や皺やたるみなど真皮の老化を伴が気になる年齢肌も加える事が出来るでしょう。
肌質によって必要となる成分もスキンケア方法も異なるので、まずはしっかりと自分の肌質を見極める必要が出てきます。最も分かりやすいのは、機械を使って化粧品のカウンターで肌を診断して貰うのがベストです。

脂性肌なら、しっかりとクレンジングや洗顔で肌の上の余分なものを落とし、油分よりもセラミドやヒアルロン酸、アミノ酸などの保湿成分を補う様にしましょう。混合肌は、場合によっては部分的にスキンケア化粧品を変えるといった工夫も必要になります。乾燥肌なら、水分と共に油分も補うこと、クレンジングや洗顔で潤いを奪いすぎない事が大切です。

特に敏感肌はスキンケアに関して最も注意を払わなければいけません。アトピーなどの体質的に肌が弱い人もいれば、間違ったスキンケアで自ら敏感肌に導いてしまっている人もいます。敏感肌用の低刺激な化粧品を使って、あまり肌に負担や刺激を与えないようなスキンケアが必要になってきます。アトピーや敏感肌には保湿が重要です。肌への刺激が少なく、しっかりと保湿ができる基礎化粧品を使うようにしましょう。

また肌質は一生同じという訳ではなく、季節や年齢によっても肌質は変化する可能性があるので臨機応変にスキンケアも対応していきましょう。肌質を無視したお手入れをすると、後悔することになります。

Comments are closed.